任意整理は返しきれないような額に増えた多重債務を完済するために、非常に効果的な債務整理方法といえます。ただ、債権者との話し合いによる和解なので、いろいろな制限や注意点もあります。
まず、一部の例外を除いて自己破産のように債務の弁済義務がなくなることはありません。つまり、任意整理とは交渉が成立したとしても借金を返済し続けていくことには代わりがないわけです。なので、返済自体をなくしたいというのであれば任意整理以外の方法で債務整理をしましょう。
次に、債権者が話し合いを拒否すれば整理はできないというのも重要なポイントです。自己破産の場合、裁判所が「この人の破産を認めます」と公に宣言をするので、破産が決まれば債権者は取り立てを放棄します。しかし、任意での整理は裁判者が間に入ることはなく、話し合いには絶対に応じないといけないというわけでもないので、債権者は債務者からの和解提案を無視できるわけです。和解できなければ、これまでのように毎日利息が加算されていき、返済が遅延しているのなら督促が続くことになります。
和解できたとしても注意点はあります。それは、返済を何度も遅らせたり、あるいは返済をやめてしまうと、和解は破棄されてしまうというものです。なので、和解がうまくいって督促がなくなったので、もう返済しなくてもいいというわけにはいきません。返済しなければ代理人が辞任して、直接の取り立てが再び行われるのは確実です。